new50 > 閱讀 > 專欄 > 11: 高齡社會×Design 「打造令人安心的玄關美學」Chapter 3.

黑坂昌彥

「 観察の樹/觀察之樹 」 藝術總監/設計師
官網 : www.kansatsunoki.com/ch/

日日觀察日記

11: 高齡社會×Design 「打造令人安心的玄關美學」Chapter 3.

另一方面,不依頼介護保險(長照保險),而只是單純考量到高齡生活而提前進行改造的設計型住宅也漸漸在增加。這些人認為,「既然是我要居住的環境,而且對上了年紀以後的生活而言也是必要的話,那我何不趁現在先設計一個既美觀又安全舒適的家呢?」這樣的想法不是很美好嗎?這也是在超高齡社會的日本所學習到的經驗,想跟急速進入高齡化社會的台灣朋友分享。

我想推薦的是「在玄關擺放一張椅子,就能兼具安全性及溫度感的室內設計」。首先,坐在椅子上穿脫鞋可以減少在玄關滑倒的風險;再者,椅子也可以拿來充當臨時的置物處,可以順手放置手上的包包或其他東西;即便椅子只是單純地擺放在那裡,看起來也是賞心悅目。放在玄關的椅子,基本上各種各類的椅子都能夠適用,但我比較推薦有扶手的椅子,可以讓你在坐下及站立時有所支撐,此外,長板凳也是一個不錯的選擇,因為長長的椅面可以讓手掌及身體有足夠的空間可以支撐,讓你可以穩穩地坐下喘口氣,再繼續行動。放一張椅子在玄關,讓我們在玄關的時間多一點享受,這裡所指的椅子,富含著溫柔且有溫度的含義,請大家在玄關的「那邊」放一張椅子試試看,可以讓整個玄關都隨著那張椅子而溫暖起來。

  Kino Stool(如圖)是一張可以擺在玄關,輔助穿脫鞋的椅子。是我在臺灣朋友家的大理石地板上差點滑倒後,以之為契機而開發設計的。椅子的扶手表面輪廓圓滑,握起來柔和舒適;握把下緣的特殊切角設計,讓圓滑的扶手在好握之餘,也能避免滑手,方便支撐起身。Kino Stool沒有椅背的設計,也是我們特別講究的一個重點,讓我們即便背著背包也能放心地坐下,讓身體不會因為背包被椅背卡住而傾斜,且這樣一來,椅子就沒有所謂的正面,可以從任何一面隨意坐下;若還是想要有椅背,則可以選擇將Kino Stool靠著牆壁擺放,讓牆壁代替椅背。Kino Stool的尺寸輕巧,除了玄關以外,也能擺放在廚房、客廳等處,可在所有居家空間中自由擺放運用。

翻譯|庄司佳代 編輯|李盈瑩

Kino Stool

一張放置於玄關,協助穿脫鞋和起身的椅子

NT$12,800 〜 NT$15,800

來去逛逛

毎日の観察ノート

高齢社会×デザイン「安心・美しい玄関のデザイン」その3.

その一方で、介護保険と関係なく『住環境の高齢対応はいずれ必要になるのだから、今のうちに、見た目が良く歳をとっても住みやすい家をデザインしよう』という住宅も最近増えてきました。(写真3)これ、すごく素敵な考え方でしょう? これこそ超高齢社会の日本の学びであり、急激に高齢化が進む台湾の皆さんに伝えたいと思ったのです。

そこでお勧めしたいのが『玄関に椅子を置いて、安全であたたかみのあるインテリアに』です。椅子に座って靴の脱ぎ履きをすれば転倒リスクを減らすことができます。椅子は、座る以外にも荷物置きや小物棚としても便利です。ただ置いてあるだけでも絵になるのが椅子のいいところです。玄関に置く椅子は、基本的にどんなタイプでも良いと思いますが、“肘置き”タイプは立ち座り動作をサポートしてくれるのでおすすめです。ベンチも良いと思います。長い座面に手のひらを置き、体を安定させることができます。座ることで、ほっと一息つき、落ち着いて動くことができます。椅子を置くというのは、玄関にゆっくりした時間を確保してあげることなのかもしれません。それゆえ、ここでの椅子はとても優しい意味を持ちます。ぜひ、玄関の“その辺り”に椅子を置いてみてください。

Kino Stool(写真)は玄関での靴の脱ぎ履きや立ち座り動作をサポートする椅子です。台湾の友人宅の玄関で、大理石の床で滑ったことがきっかけとなり開発しました。肘置きは、丸くなめらかな輪郭と裏面に残したエッジによって、手のひらに馴染む肌触りとしっかりとした握り心地を両立させています。背もたれがないのもこだわったところです。リュックを背負ったままでも落ち着いて深く座ることができ、壁側に置けば壁が背もたれになります。また、背もたれをなくしたことで正面性がなくなり、どちら側からも座ることができるようになりました。コンパクトかつ軽量なので、玄関だけでなくキッチンやリビングなど、どこでも自由に運んで使ってください。

Kino Stool

一張放置於玄關,協助穿脫鞋和起身的椅子

NT$12,800 〜 NT$15,800

來去逛逛