new50 > 閱讀 > 專欄 > 05: 敞徉日本陽台風光-Chapter 1

黑坂昌彥

「 観察の樹/觀察之樹 」 藝術總監/設計師
官網 : www.kansatsunoki.com/ch/

日日觀察筆記

05: 敞徉日本陽台風光-Chapter 1

「無論是大廈還是公寓,我們看過的日本房子都有陽台耶!」許多來日本拜訪我們的台灣朋友,或是由観察の樹帶領到日本來參訪高齡機構住宅的醫療照護界相關人士,都曾經這麼跟我們說。對於台灣的朋友而言,日本大廈的外觀和台灣完全不同,而其中最大的不同之處,即是陽台,帶給人一種很新鮮的感覺,令人印象深刻。

在日本,大廈的陽台通常是被限定作為火災時的緊急避難通道,因此,用來區隔各戶陽台的牆壁上,常會註明「緊急時請打破此牆至隔壁避難」,或是「此為緊急避難通道,請不要堆放物品」等字樣。當然,日本的陽台依然可以曬衣服或是放置冷氣的室外機,但卻不是住戶可以自由使用的專屬於私人的空間,而只是「可專用的公共空間」,受到消防法和各大廈的詳細規則所規範。在此順道說明的是,在日本,一般大廈陽台的名稱有兩種,「Verandah」和「Balcony」。Verandah的深度標準為90~120公分,Balcony的深度則無特別的標準;二者的區別在於,Balcony沒有屋簷,而Verandah則以有屋簷為原則。
陽台有一個很大的功用,就是曬衣服。但近年來患有花粉症的人越來越多,人們比較不敢將衣服曬在外頭;加之有些大廈考量外觀,住戶也逐漸減少將衣服晾曬在外,而大多改將衣物烘乾或是晾在浴室裡頭。但其實我認為,以陽台上的太陽光曬乾的衣服、棉被、床單等,不僅能夠殺菌,更讓人感覺十分溫暖舒服。除了曬衣服,在陽台上用箱型的花盆來種植青菜和香草,做成「陽台菜園」;種植絲瓜或苦瓜等藤蔓型作物,可以做成防日曬的「綠色花園」;擺放戶外桌椅,就能在自己專屬的「陽台咖啡廳」中享受悠閒的下午茶或早午餐;放置卡式爐和烤網等烤肉用具,陽台就能搖身一變成「BBQ庭園」等等。只要發揮想像力,陽台就能擁有千變萬化的樣貌。

在日本,陽台就像一面時代的借鏡。去年開始,受到新冠肺炎疫情蔓延的影響,日本許多企業皆改為居家辦公,且政府也呼籲民眾無事不要外出,在這樣的情況下,陽台便成了唯一可以呼吸到戶外新鮮空氣的「療癒之所」。除此之外,近年來的日本流行一種稱為「ベランピング(veranping)」的新活動,這個新造詞,是ベランダ(verandah)和グランピング(glamorous camping)組合而成的,意味在自家陽台舉辦優雅時髦的露營活動;原本這種露營型態,對於想在日常生活中體驗露營,或是在去露營之前想先做模擬體驗的人們而言,就十分受到歡迎,而這次在疫情肆虐的狀況下,更是受到了普羅大眾的矚目。

To be continued…

翻譯|庄司佳代   編輯|李盈瑩

毎日の観察ノート

日本のベランダ その1

「マンションにみんな“ベランダ”があるんだね!」日本に遊びに来た台湾の友人、高齢者施設の見学で訪れた台湾の医療・介護関係者の方々は揃ってこう言います。台湾と全く違う日本のマンションの外観、その中でも特にベランダが新鮮に映るようです。

日本では、マンションのベランダは火災時などの非常事態に避難経路になることが想定されています。そのため、隣の部屋との間にある間仕切りには、「非常の際は、ここを破って隣戸に避難してください」「非常時に備えて、ここには物を置かないでください」などの注意書きが書かれています。もちろん、平常時の使い方としてベランダで洗濯物を干したりエアコンの室外機を設置したりするのは大丈夫です。しかし、部屋の所有者が自由に使える「専用部分」ではなく、あくまで「専用使用権を認められた共用部分」として消防法やマンションごとに設定された詳細なルールで定められているのです。ちなみに日本の一般的なマンションでは、ベランダの奥行きは90~120㎝が標準です。また、よく混同しやすい設備として“バルコニー”がありますが、バルコニーは屋根のない張り出し部分という定義になっており、ベランダには屋根がついているのが原則です。
ベランダの一番の用途は洗濯物を干すことです。最近では花粉対策や景観への配慮から、洗濯乾燥機や浴室乾燥を使う人も増えていますが、太陽の光で殺菌乾燥した衣類や布団は、とても心地良く感じます。それ以外にも、プランターで野菜やハーブを育てる「ベランダ菜園」、ヘチマやゴーヤなどで作る日よけ対策の「グリーンカーテン」、テーブルや椅子を置いてお茶や休日の朝食を楽しむ「自分専用カフェ」、カセットコンロと網焼きプレートで「簡易BBQ」等々、ベランダは小さな庭のような感覚で使われています。

日本においてベランダは時代を映す鏡のような場所なのかもしれません。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くの社会人が在宅勤務に移行しました。外出を控えなければならない人たちにとって、ベランダは外の空気を吸って気分転換できる“癒しの場”となっています。最近、ベランピング(veranping)という言葉もよく聞くようになりました。ベランダ(veranda)とグランピング(glamorous+camping)を合わせた造語で、自宅のベランダで優雅でお洒落にキャンプをすることを意味しています。元々は、日常にキャンプを取り入れたい人や、初めてのキャンプの前にベランダで疑似体験してみたい人に人気のキャンプスタイルでしたが、コロナ禍でもできるアウトドアとして、更に注目されています。