new50 > 閱讀 > 專欄 > 09: 一同品嚐的空間

甜品師傅香代

食織笑顏

09: 一同品嚐的空間

大家好,溫暖的季節已經悄悄來臨了~我是促進友善飲食的甜品師傅香代。

每到三月,我總會想起,從一個意想不到的契機而開始的咖啡廳哩,發生過的一件事情……
因為和一位阿嬤結緣的契機,讓我知道,「吃」這件事,不單單只是咀嚼及吞嚥這種所謂的身體機能而已。

隨著春天的到來,能帶來快樂的活動也越來越多,像是賞櫻、郊遊、野餐等等,咖啡廳也經常會舉行茶會。咖啡廳附近的長照機構,照服員常會在帶阿公阿嬤們散步時,順便進來坐坐。我希望大家都能一同享受春天的氣息,因此製作了許多以櫻花麻糬或糰子串為主題的日式蛋糕。常聽照服員說,阿公阿嬤們對於「吃」不是很積極,平常在機構中吃飯都會有剩下來的飯菜。

然而對於「吃」不是很積極的阿公阿嬤們,在來到我們的咖啡廳時,卻始終有說有笑、很健談,常跟我們分享他們年輕時候的故事、或是現在最喜歡什麼樣子的帽子等等。

他們在咖啡廳裡度過的時間既幸福又溫馨,讓我體悟到,「吃,是在哪裡、跟誰一起吃」,這件非常重要的事情。看著阿公阿嬤們開心的模樣,我覺得我又上了一課!

春天到訪,草莓大福

食譜(七顆草莓大福的份量)
材料:
・草莓:7顆
・紅豆沙餡:140g
・糯米粉:100g
・砂糖:15g
・水:130g
(粉紅色麻糬過濾後的草莓果醬+130g的水)
・太白粉:適量

做法:
①把紅豆沙餡分成小份,每份20g,做成紅豆餡圓。
切去草莓的蒂頭,把紅豆餡圓壓平,包在草莓上。
②在耐熱的攪拌盆裡放入糯米粉和糖水,用攪拌器混和均勻。
③將②放入微波爐裡,用600瓦微波1分30秒。
(放入微波爐前,用保鮮膜輕輕蓋在容器上)
④用矽膠刮刀攪拌③,攪拌完成後再放入微波爐微波1分鐘。
拿出來再用矽膠刮刀攪拌一次,攪拌完成後再放入微波爐微波1分鐘。
直到麻糬光滑柔順即可。
⑤在托盤中撒入太白粉,將④自攪拌盆中倒出,平舖在托盤上,④的表面上也要撒上太白粉,然後切成七等份。
要小心會燙喔!
⑥將⑤桿平成圓形,再將每一份①分別包入每一片小圓形中,就大功告成啦!
* 貼心小提醒:一定要在麻糬還熱熱的時候趕快桿平成圓形,不然麻糬冷了之後會硬掉,就會很難塑形喔~

 

翻譯|庄司佳代 編輯|李盈瑩

 

食を紡ぐ笑顔

09: 一緒に食べる空間は

みなさん、こんにちは。
暖かい季節になってきましたね〜
インクルーシブパティシエの志水香代です。

私は3月になると、あのひょんなことから始まったカフェのことを思いだします。それはね。
あるおばぁちゃんをきっかけに「食べること」は口や身体の機能だけじゃないと思えたこと。

春になるとお花見やピクニックと、楽しいイベントが盛り沢山になります。カフェでは茶話会を開いていました。お散歩がてらご近所の介護施設からやってきてくれたおばあちゃん達。
春の香りを楽しんでもらいたくて、ケーキは桜餅やみたらし団子をイメージした和のケーキを揃えました。施設のスタッフの方と来店された車いすのおばぁちゃん達は、普段「食べる」ことに前向きになれず、施設の食事を残すことも多いという話を聞きました。そんなおばぁちゃん達が終始笑顔で、私たちに若かった頃の話や好きだった帽子の話を聴かせてくださいました。
カフェの雰囲気はとても温かく幸せな時間が流れていました。
「食事はどこで誰と一緒に食べるか」も大事なんだという事にふれた優しいひとときでした。

春の訪れ、苺大福
(材料:7粒分)
・いちご 7粒
・こしあん 140g
・白玉粉 100g
・砂糖  15g
・水   130g
(ピンク餅→濾した苺ジャムと水で130g)
・片栗粉 適量

(作り方)
①こし餡を20gずつにわけて餡玉にする。
苺のヘタをきり、餡玉を平くして苺を包む。
②耐熱性ボールに、白玉粉と砂糖をいれ水を入れ、
ホイッパーで混ぜ合わせる。
③電子レンジ600w1分30秒②をかける。
*レンジにかける時フワッとラップをする
④③をゴムベラで混ぜ、さらに1分レンジにかける。
またゴムベラで混ぜ、最後に1分レンジにかける。
餅に艶がでれば出来上がりです
⑤片栗粉を降った台の上に④を流し、
上面にも片栗粉を降り、7等分にちぎる。
熱いので注意してね☺️
⑥⑤を丸く伸ばし、①を包む。完成!